ちくわぶ亭

ITインフラ系の中小企業で主任やってます。合間にピアノを弾き、読書をしてます。ニキビに悩んでいたりもします。

必要だと思うものを集める。

なんでもいいんだけども。というよりか何でも、なんだろうなと。

これからもっと人生を良くするために何かを得たいと思う。そんな思いがある。

本を列挙したはいいけど何か得られたのかなぁなんて思ったりするけど、思いつかない。けども、思考する事って大事だろうなって思う。

 

感情はポジティブでさえあればいいのか、ネガティブじゃいけないのか。結局の所分からない。今の時点で考えてるのはどちらでもない、かな。

良くも悪くも捉えない。ただそこにあるように。

現象をただ現象と捉える。ああ、今凹んでんだなとか。そこに凹みがあるだけね。

ただ、それには必要なものがあるのかなと。それは思考の言語化かなと。

なにがどうしてどうおもったのか。意外と言えなかったりする。もしくは抑えちゃってたりする。そういうのが内に溜まって自分自身を傷つけている感じ。

正直、素直って大事だ。これだって本当に自分が言いたい事なのか疑問がある。書いてるけど、つもりなのかもしれないし。疑い出したらキリが無いけどさ。

 

言葉を覚える、誰かの考えを聞く。それを頭に入れるだけでも良いと思う。

本をひたすら読んでみたいと今は思う。語彙が増えるのはなんとも自分自身を知る事と同義であるような気がしてならない。