ちくわぶ亭

ITインフラ系の中小企業で主任やってます。合間にピアノを弾き、読書をしてます。ニキビに悩んでいたりもします。

僕は児童なのかもしれない。

2月に読んだ本。列挙。

・少し変わった子あります 森博嗣
・五分後の世界 村上龍
・蘇る変態 星野源
・愛の妖精 ジョルジュサンド
んで、若草物語は途中、と。
 
沢山読んだなーって思うけど、読書してる人からすると少ないかもね。少し過去を振り返ると懐かしい感じ。こんなの読んでたなって。
 
最近、よく本の話をする。多人数で。
その時、なんというか、結構読んでる本が皆さん共通してるんですよね。有名な作家だからか、回し読みしてるのか。どちらにせよ作品を通して他人と共通点を作ってるのか、ちゃんと聞いて話してるのか。コミュニケーションの賜物かもしれない。
 
そう考えると小説を読むのは当たり前の事なのかもしれない。本は読まなければならないものなのかもしれない。必修科目。
今から学ぶのでも遅くはないのだろうか。
31歳、心はまだ子供である。