ちくわぶ亭

ITインフラ系の中小企業で主任やってます。合間にピアノを弾き、読書をしてます。ニキビに悩んでいたりもします。

安いものを使いこなせた瞬間に愛しさを感じる。

高くて良いものを快適に使うのは当たり前で、むしろ高いから躊躇してしまって。傷つけたらどうしようとか。自分の理想より低いけども、実際に使ってみたら思いの外良かったりして、廉価だけど使えるじゃんかと。そんなことを見いだしたときに愛しさを感じるんじゃないかな。どうしようもない所を出発点にする、そんな安い恋をしたみたい。