ちくわぶ亭

ITインフラ系の中小企業で主任やってます。合間にピアノを弾き、読書をしてます。ニキビに悩んでいたりもします。

夢の重さは何グラム?

お題「私のカバンの中」

 

鞄にはそこそここだわりがあったりする。それは、長持ちして飽きがこないもの。なので王道というか。そんなもの。会社に行くときはTUMIである。通勤電車では絶対被るアレ。踊る大走査線のアレ。実際使いやすいし頑丈である。重いけども。プライベートではオロビアンコであったりランバンオンブルーだったり。これもそこそこのやつ。すべて何処かしらで被るし、そういう意味では個性も無いんだけど、それは裏返すとそれだけ支持されてるって事で悪い事ばかりではない。そして、被る際、自分のキャラが立ってると、◯◯(自分)さんのカバン、ちくわぶさんも持ってましたと印象が強い方に軍配が上がる。これも弱肉強食の世界。そんな事なった事無いけど。

どのカバンも3、4年使ってるけど、全然壊れる気配はなくガシガシ使ってる現役である。高いものではあるが、デザインも含め、長年使って行けるものを見つけてみるのも面白いと思う。出かけるときもちょっと気分が違うように思う。そんなちょっとの浮力で日々の辛い生活に耐えているのである。週初めは辛い。