読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちくわぶ亭

ITインフラ系の中小企業で主任やってます。合間にピアノを弾き、読書をしてます。ニキビに悩んでいたりもします。

長く愛されるって、どういう事なのだろう。

今日は寒いよね。寒い寒い寒ーいー。

冬は苦手で、早く春になって欲しいと心の底から思う。

 

昨日から、ここに何書こうかなーと考えてたんだけど、やっぱりなんというか、思い付かないよね。からっぽ。いや、書きたい事はあるんだろうけど、思ってる事を書くってのはすぐには出来ないみたいだよね。それだけ分かっただけでも良しとしてみたい。

 

毎週火曜日は、ピアノ教室にピアノを習いに行ってる。せっかくだから関連する事を考えてみようかと思う。気付いたら10年超えてるし。一番継続しているだよね。継続してしまったが正しいか。

正直練習はキツい辛い上達しない。練習嫌いだしあまりやってないから当然なんだけど。クラシックっての魅力がどこに隠れているのだろう。分かってない。

AKB48とか今どきの音楽と違うよね。全然。好きって訳じゃないけど。けども、流行してるよね。そこで何が違うのかなって弾いてると漠然と考える事があって。

んー、それは分かりやすさ。うん、分かりやすさ。

 

可愛い女の子、分かりやすい歌詞と曲調、そういうの。

それとは真逆のクラシック音楽。知識やら解説がないと分からない。(よね?)

未だに先生と話をするけど、ふわっとやんわりしか分かってない。分からない。

そのクラシック音楽を練習しつつ、少しづつ理解していく事に意味を見いだしたいと思う。考える事に意味があるというか。

 

ピアノから得られたものがあるのかないのか、見えるように形があるわけじゃないし、実際ないのかもしれない。そこに何かを感じてみたいと思ってるんだけど、それがいつになるのかもわからず実感も出来てないけど、期待を込めてなんとなく続けている。

やりたいからやる。やりたくないからやめる。そんな風には思えなくて、何となく続けている。やはりそんな感じ。

 

現代のJ-POPにのめり込めなかった自分としては、クラシックというものに何か可能性を見いだしたいのかなと思う。芸術から学び取ってみたい。

きっとこれからも爆発的には人気が出ない。人気は無くても、ひっそり魅力を感じていたい。