読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちくわぶ亭

ITインフラ系の中小企業で主任やってます。合間にピアノを弾き、読書をしてます。ニキビに悩んでいたりもします。

読書から学べる事ってあるよね。きっときっと。

言葉って大事だよね。語彙って大事だよね。って話をどこかで誰かとして、

人間関係ってのは会話で成り立つよねって話で。

実際そうなのかどうなのかも分からない、ケド。

 

もし、これから恋愛・仕事・人間関係で、今よりも良くなる事があり得るならば、

言葉の価値を信じてみたいなと思ったわけで。

安易に読書をしてみようと、去年からちょこちょこ読み始めてる。

勉強をするにしたって、言葉の多さで経験の吸収力が違うのではないかと今の時点では考えてる。

 

昔から少しは読んでいたけど、ここまでのペースで読んでなかった。

西尾維新の戯言・りすか・傷物語、あとはラノベちょこっと。

人類は衰退しましたとか、狼と香辛料とか。しかも途中で挫折。

後は、村上春樹。(海辺のカフカダンス・ダンス・ダンス風の歌を聴け

あ、あと、スカイクロラシリーズは読んだ。すべてがFになる、も。 

 

今回もいつまで続くか分からないけど、去年の12月から読んでみたものを列挙。

・ハーモニー

・バビロン

BEATLESS

マルドゥック・スクランブル圧縮・燃焼(排気はいま読んでる)

限りなく透明に近いブルー

・ナラタージュ

・know

・ラギットガール(途中で断念)

スワロウテイル人工少女販売処

・ストーリー・セラー

・色彩を持たない多崎つくると巡礼の年

(これ、作者名書いたほうがいいのかも。。。)

 

後は手元に、漁港の肉子ちゃんがある。

そもそも、ハーモニーの世界観がとても気に入って、そこから読み始めてる節があります。そして興味がある方へフラフラと。

正直、各本の感想とかレビューを書きたいなと思ったけど、今の時点ではまともなのが書けそうに無い。それくらいの事しか覚えてないというか、読み方をしていない。

 

Amazonのレビュー書いてる人ってすごいよね。

少しずつ、意識しながら書けると良いなぁ。

 

今は列挙。それだけで満足感があったりしちゃいます。

書くことで、何か気付ける事があるか考えている。